黒いエサを与えたニワトリの卵は黄身も黒くなるのか?

黒いエサを与えたニワトリの卵は黄身も黒くなるのか?

2017年7月14日(金) 19時から放送の「究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?」

今回は「黒いエサを与えたニワトリの卵は黄身も黒くなるのか?」という質問がでました。
ニワトリの卵の黄身は、黒い餌によって黒くなるのでしょうか?

スポンサーリンク

黒いエサを与えたニワトリの卵は黄身も黒くなるのか?

j1_raw_15_b.jpg

http://kakeien.com/jikken.htm

単刀直入にお答えすると…黒いエサを与えたニワトリの卵は黄身も黒くなります!!

その理由は簡単です。

卵の黄身の色は与える餌によってコントロールする事が可能だからです!!

一般的な卵の黄身の色と言えば「黄色」を想像すると思いますが、これはニワトリの餌であるトウモロコシの成分「カロテノイド色素」が黄身の色に影響を与えているためなんです。

スポンサーリンク

ニワトリの卵 黄身の色は人工的に変えている?

先程、一般的な卵の黄身の色と言えば「黄色」を想像する人も多いとお伝えしましたが、最近では黄身がオレンジ色の卵もよく見かけけますし、逆に黄身なのに白っぽい卵もあったりしますよね??

個人的には、黄身の色がオレンジ色のほうが新鮮な感じの印象を受けるのですが…

実は、ニワトリの卵の黄身の色は人工的に変えている場合が多いんです。

これは、エサによって卵の黄身が変化するニワトリの卵の特性を生かしており、黄身がオレンジ色の卵の場合はパプリカやマリーゴールド、トウガラシなどといった赤い色素のものをエサに加えることで黄身の色を人工的に調節しているそうです。

配合飼料メーカーの営業マンは養鶏業者を訪れる際、なんと黄身の色見本を持っていていくなんて情報もありました。

黄身の色を人工的にコントロールしているなんて…黄身の色見本だなんて…この事実を知らない人にとってはかなりの衝撃的ですよね。

スポンサーリンク

ニワトリの卵は黄身の色によって栄養価が異なるのか?

ニワトリの卵の黄身はオレンジ色で色が濃いもののほうが断然栄養価が高く、黄身の色が薄いものは栄養価が低い、と思っている人も多いと思います。

わたしもそのひとりで、黄身の色が濃いものを好んでえらんでいました。

しかし、先程話したように、黄身の色はエサにより人工的にコントロールしていることが多いため、黄身の色によって栄養価が異なる事はないそうです。

もちろん、一部では特別に栄養価を高めた特殊な卵もあるようですが、一般的に売られている卵に関しては、あまり差はないようですね。

ニワトリの卵 黄身の色の好みは国によって異なる

わたしはニワトリの卵の黄身は黄色が当たり前で、万人が好むものだと思っていました。

しかし、調べてみると、黄身の色の好みは国によって異なるようです。
欧米の場合、卵の黄身は日本の卵の黄身の色よりも白いことが多く、日本で好まれるような濃い色は逆に敬遠される場合が多いのだとか。

欧米と同様で、インドでも黄身が白っぽい色の卵のほうが人気なんだそうです!

卵の黄身「黄色信仰」は日本独自のものなんですね!

よくテレビの食レポでも「黄身の色が濃くて濃厚でおいしい!!」などといった発言をきくので、そのことも影響しているのかもしれません。

黄身の色がエサによって変化するのに対し、白身の色が変化しないのは不思議ですよね!?

調べてみても、白身ついて情報はありませんでした。

19時から放送の「究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?」では、白身についての情報もあるとうれしいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする