ブラックリベンジ 主題歌はシングライクトーキング?女性の声サラ・オレインは誰?動画や発売日も!

10月5日23:59より放送がスタートしたドラマ『ブラックリベンジ』。

最近ニュースでも話題にのぼる政治家なのどスキャンダルを中心に、裏の顔をもつ人々の不祥事を木村多江さんがずばっと明かしていく、かなり気になるドラマなのです!

ドラマの主題歌は、2018年にデビュー30周年を迎えるSING LIKE TALKING(シングライクトーキング)が担当しています!

かなり懐かしい!!!ですよね!?

そして、一緒に歌っている女性の美声も気になります!!!

そこで今回は、ブラックリベンジ 主題歌を歌うシングライクトーキングや女性の声の主は誰なのか?ブラックリベンジ 主題歌の動画や発売日などについてご紹介していきます!

ドラマの無料視聴方法もご紹介していますので、最後までお見逃しなく♪

スポンサーリンク

シングライクトーキングが主題歌を担当するドラマ「ブラックリベンジ 」とは?

「ブラックリベンジ」は、世間を揺るがすスクープを連発する週刊誌の編集部を舞台にしたドラマです。

https://twitter.com/masayoodagiri/status/916007808364978177

木村多江さん演じる主人公の沙織は、あるスキャンダルによって夫を自殺に追いやられた…そんな悲しい過去を背負っています。

現在は、自ら週刊誌の敏腕記者となり、夫を陥れた人間のスキャンダルを次々と暴き、追い詰め、そして陥れていくていく…という毎回かなり怖~い復讐劇が毎回繰り広げられます!!

復讐劇ということで、沙織の部屋の壁には標的となる人物の写真が沢山貼ってあったり、基本的に部屋は暗くて赤い蝋燭の炎だけがともっていたりと…

そのあたりはベタな感じもありますが、主演の木村多江さんがその雰囲気にとても合っていて、ぞくぞく感がたまりません♪

ブラックリベンジの舞台は編集部ということですが、監修が元週刊文春の記者・中村竜太郎氏ということだけあって、編集部の騒がしいリアルな雰囲気もまたいい作品ですね!

スポンサーリンク

ブラックリベンジ 主題歌はシングライクトーキング?女性の声サラ・オレインは誰??動画や発売日も!シングライクトーキングとは?

今回、ドラマ「ブラックリベンジ」の主題歌を担当するのは男性3人組グループ「Sing Like Talking (シングライクトーキング)」。

そしてシングライクトーキングとコラボれーションしている美しい声の女性は、ヴォーカリストそしてヴァイオリニストでもある「サラ・オレイン」さんです!

ブラックリベンジ 主題歌を担当するSing Like Talking (シングライクトーキング)とは?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

<シングライクトーキングのメンバー>

佐藤竹善(さとう ちくぜん)

生年月日:1963年5月5日

出身校:神奈川大学法学部中退

担当:ボーカル、キーボード、ギター、作詞、作曲

藤田千章(ふじた ちあき)

生年月日:1963年12月26日

出身校:明治学院大学卒業

担当:シンセサイザー、バッキングボーカル、作詞、作曲

藤田さんんは、シングライクトーキングでの活動の他にも、ソロとして『サモンナイトシリーズ』のゲーム音楽などを手掛けています

西村智彦(にしむら ともひこ)

生年月日:1964年1月25日

出身校:武蔵野音楽学院卒

担当:ギター、バッキングボーカル、作曲
西村さんは、シングライクトーキングでの活動の他にも、ソロとして他ミュージシャンのバッキングなどでも活躍しています

<シングライクトーキングの軌跡>

シングライクトーキングのデビューは1988年。

残念ながらはじめは楽曲ではなく、メインボーカルを務める佐藤竹善さんのラジオでの洋楽の伝道師ぶりやユニークな雑誌連載などが話題となり、徐々にファン層が拡大していきます。

すると、1993年・1994年に発表したアルバム『ENCOUNTER』、『TOGETHERNESS』がオリコン初登場で第1位を獲得することに。

その後、2000年代後半に長期休止期間を経ましたが、2013年にデビュー25周年を迎えることに。

シングライクトーキングはかなりの息の長い長寿バンドではありますが、意外にもこれまでに大きなシングルヒットを経験していません。

最大のヒットとされるのは、1995年発表のシングル「Spirit Of Love」ですが、こちらも売り上げは8万枚とのこと。

オリコン調べの1995年シングルCD年間TOP100のランキングによると…

1位はDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」で、売り上げ枚数は235万1940枚ですから、結構な差がありますね(汗)

そんな「Spirit Of Love」はこんな曲です↓↓

「なんとなく聴いたことあるかも~!!」て人も多いのではないでしょうか??

ブラックリベンジでは、シングライクトーキングが久々にドラマの主題歌というテレビでの活躍を果たしたということで、SNSでも話題になっていました♪

https://twitter.com/naono2001jp/status/915832184841240577

https://twitter.com/chimsk1224/status/915970281746735105

スポンサーリンク

ブラックリベンジ 主題歌でシングライクトーキングとコラボしている「サラ・オレイン」とは?

ブラックリベンジ 主題歌はシングライクトーキング?女性の声サラ・オレインは誰?動画や発売日も!どんな曲?

ドラマ「ブラックリベンジ」の 主題歌「“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”」はシングライクトーキングが歌っていますが、男性グループのはずなのになぜか美しい女性の声が聞こえてきて気になりませんでしたか??

それもそのはず、今回の曲でシングライクトーキングは「サラ・オレイン」さんという女性とコラボレーションしています。

サラ・オレインとは?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

名前:サラ・オレイン

生年月日:1986年10月8日

出身:オーストラリア

出身校:シドニー大学卒業

言語:英語・日本語・イタリア語・フランス語(ラテン語は理解はできる)

現在は、ヴォーカリスト・ヴァイオリニスト・作曲家・作詞家・翻訳家と多方面で活躍中

サラ・オレインさんといえば、歌というよりもヴァイオリンを演奏しているイメージが強いという人もいるかもしれませんね。

最近では、DMG MORI企業のCMで、サラ・オレインさん作曲「Animus」が起用されていました。

美しいみためからは想像できないくらい、力強く、かっこいい曲ですよね♪

音楽家の親のもと育ったサラ・オレインさんは、5歳からヴァイオリンの英才教育を受けています。

ヴァイオリンの教育はかなり徹底されており、幼い頃から大切な手に怪我を負わないよう、手が傷つくような運動や行為を厳しく禁じられて育ったそうでうす。

たとえば…

  • 自転車に乗れない
  • 料理が出来ない
  • 自の運転ができない(もちろん免許も持っていません)

これをみてびっくりしました!!30歳を超えた女性なら一つくらいはできそうなことも出来ない、それくらいに徹底して手を、ヴァイオリンの演奏を大事にしてきたんですね。

そんなサラ・オレインさんは、ヴァイオリンレッスンの傍ら、14歳からは声楽のレッスンも受けており、「絶対音感」、そして「3オクターブ以上の音域」を持っているそうです!!!

その実力を日本で知らしめたのが2014年に放送されたテレビ番組『関ジャニの仕分け∞』ではないでしょうか!?

サラ・オレインさんは同番組内で26連勝中の歌姫「May J.」とのカラオケ得点対決で「Let it go」を歌い勝利し、May J.の連勝記録をストップさせたことで話題になりました。

その圧巻の歌声がこちら↓↓↓

サラ・オレインさんがさらにすごいのが、歌唱力の高さだけではありません。

日本音響研究所の分析によると、サラ・オレインさんの歌声には、精神的に追い込まれた人々の心にやすらぎを与えるといわれている「1/fゆらぎ」が含まれているそうです!!!!!

その他にも、東京大学留学中には、創作絵本「オレ・ダレ」(越野民雄著・講談社刊)翻訳を手がけたり、ロンドンの広告代理店のコピーライターとしても活動したり、シドニー大学をハ最高点で卒業するなど…

サラ・オレインさん容姿端麗で知識や音楽の技術まで兼ね備えた、まるで非の打ち所がないアーティストなんです!!

スポンサーリンク

ブラックリベンジ主題歌“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”の動画は?

ブラックリベンジ 主題歌となった「闇に咲く花~The Catastrophe~」。

シングライクトーキングとサラ・オレインがコラボした気になる主題歌の“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”の動画はこちらです!!

ちょっと気になったのが、そもそもシングライクトーキングとサラ・オレインがなぜコラボしたのか?というところ。

シングライクトーキングとサラ・オレインがコラボしたきっかけはなんと”SNS”。かねてから、「いつか一緒に楽曲をやりましょう」と互いに話していたそうです。

そんな時、佐藤竹善さんがたまたま今回のドラマ楽曲で「女性ボーカルと歌って欲しい」という話をもらい、まっさきに声を掛けたのがサラ・オレインだったそうです。

互いにこんなにも早く共演が実現できてとても嬉しかったようで…今回の主題歌でも二人の息ははぴったり!!

良い意味でシングライクトーキングらしくないバッハの「ロ短調ミサ」からの「主よ、憐れみたまえ」を引用したイントロからはじまり、佐藤竹善さんとサラ・オレインさんの歌声のハーモニーがなんとも美しく、切ない一曲に仕上がっています。

楽曲からは、『たとえ自分を汚してでも貫く愛する人への想い』というドラマの主人公・沙織の復習への執念のようなものを感じずにはいられません!

ブラックリベンジ 主題歌“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”の発売日は?

シングライクトーキングとサラ・オレインさんがコラボして話題のブラックリベンジ主題歌

“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”の発売日は、

発売日は、2017年10月25日です!
ジャケットもかっこ良いですね♪

闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 [ SING LIKE TALKING ]

“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”について、ドラマで主演を演じる木村多江さんもこのようなコメントを寄せていますよ!!

十字架を背負って、助けを求めてる様な出だしに沙織を見ました。
祈りの様でもあり、叫びの様でもあり
沙織の気持ちに寄りそっていて
主人公がなぜ生き続けるのか歌詞に教えてもらうようでした。
悲しみの中に希望も見い出せる、一歩進めるような歌でした。

主人公の気持ちに寄り添っているような歌詞や曲調から、単に「悲しみを綴っている」とおもわれがですが、

悲しみの中にも希望を見いだし、前進していくことができる「前向きさ」も兼ね備えた楽曲になっています!!

ドラマと合わせて聴くとその意味がより一層濃く感じられるかと思います♪

最近は深夜帯のドラマでもかなり視聴率が上がってきてます!!
今回のドラマ主題歌起用をきっかけに、“闇に咲く花 ~The Catastrophe~”が多くの視聴者の耳に届き、シングライクトーキングにとって、結成後もっともヒットする曲になるといいですね♪
実はドラマを見逃してしまった…そんな場合でも、安心無料で見逃し視聴できる方法をご存知ですか??
 
以上、「ブラックリベンジ 主題歌はシングライクトーキング?女性の声サラ・オレインは誰?動画や発売日も!」についてでした!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする