稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由とは?

稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由。稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由。稀勢の里が、大関の時に、横綱昇進の際には、北斗の拳の化粧まわし贈られることが 約束されていました。 数ある北斗の拳のキャラクターの中で、なぜ稀勢の里はラオウを 選んだのでしょう?

スポンサーリンク

稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由

大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)に、人気漫画「北斗の拳」の3兄弟を描いた三つぞろいの化粧まわしが贈られることが24日、分かった。稀勢の里は、孤高の男の長兄ラオウで、太刀持ちに主人公ケンシロウ、露払いには次兄トキが描かれた。

スポンサーリンク

稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由

稀勢の里「化粧まわしを選ぶ際、自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。孤独で強いってイメージがありますし。存在感があるし、体もすごい。力士であればこういう姿になりたいなって思いました。先代の鳴戸親方からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と主人公のケンシロウではなく、ラオウを選んだ理由を明かし、「着けているだけで見えない力が湧いてくるような化粧まわしですので、生で見てほしい。

スポンサーリンク

稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由

第72代横綱の稀勢の里が人気マンガ「北斗の拳」のキャラクターのビジュアルを使用 した化粧まわしを着用すること … 稀勢の里はラオウを選んだ理由について「化粧まわし を選ぶ際、自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。

スポンサーリンク

稀勢の里 化粧まわしにラオウを選択。その理由

稀勢の里関がラオウを選択した理由は、尊敬する師匠先代鳴戸親方(元横綱・隆の里)の『孤独にならないと強くなれない』という教えと、その教えを愚直に守り、言い訳をせずにここまで孤独に邁進してきた今の自分の姿が、主人公のケンシロウではなく、孤独に戦うラオウに重なったからという考えからきています。

日本相撲協会は1日、14日から始まる5月場所の番付を発表しました。東の正横綱となった稀勢の里が次の場所への抱負を語りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする